スノーピアサーの感想

スノーピアサーはまず設定からして、ドキドキします!再び氷河期に逆戻りした地球で、生き残った人を乗せて走る電車が舞台なのですが、何だかすごく面白い!色々な階級の人たちが一つの空間にいるのです。まさに、現実を表しているかのような演出でした。

スノーピアサーの画像

感想

スノーピアサーは、近未来SFサスペンス映画です。監督は、韓国でさまざまな有名作品を手掛けているポン・ジュノで、コレア初めての英語での作品となるそうです。私は、この監督の今までの作品を観たことがあるのですが、その中でも群を抜いて面白い映画!という感想を持ちました。

スノーピアサーの舞台は、地球が氷河期に再び逆戻りしたという設定で進んでいきます。その中で、生き残った人々を乗せて走る続ける列車がスノーピアサーの本当の舞台となっています。スノーピアサーは、うまい感じに現代のリアルさが融合されている作品だなぁと感じました。

まず、氷河期になったきっかけが、地球温暖化防止のために巻いた薬のせいで、温暖化を防止するどころか氷河期になってしまったというのです。個人的には、ちょっと面白いポイントでした。
そして、生き残った人々は17年もの間「スノーピアサー」と呼ばれる列車の中で生活し続けていたのです。当然、階級社会ができあがります。前方は裕福な方々で、後方は貧乏人という階級が出来上がりますが、ある日自由を求めて立ち上がる男が出てきたのです。
それから、抗争が繰り広げられるというストーリーです。

私の個人的な感想として、スノーピアサーはすごく見ごたえがありますです。設定の時点で好きなタイプの映画でしたので、結構楽しみに映画館へと足を運んだのですが、予想通りの作品でした!
スノーピアサーという映画の随所に、現代のリアルな心情や世相が反映されているのも、良かったなぁという感想です。この映画は、女性でも男性でも楽しめるという感想を持ちました。ただちょっとくらい映画なので、朝一番に観るのはどうかなぁ・・・と思います。レイトショーくらいでちょうどいいかもしれません。

私は、スノーピアサーを一足お先に韓国で観たのですが、韓国の人々の反応も結構良かったです。俳優さんたちの演技も素晴らしですし、飽きずに観ることが出来る映画だなぁという感想です。

一緒に行った私の友達は、「スノーピアサーの設定は面白いんだけど、映画自体はいまいち・・・という感想。期待しすぎたのかなぁ?」と言っていました。確かに期待をしすぎると、拍子抜けしてしまうかもしれません。山場はどこ?と途中で思ってしまいますし、なんだか淡々としすぎてました。
けれど、今までになかなかない設定ですし、映像もとてもこだわりがあった映画なので、是非たくさんの人に見て頂きたいという感想です。早く、日本でも公開になってほしいです!

評価

・総合点
80点/100点
・オススメ度
★★★★☆
・ストーリー
★★★★☆
・キャスト
★★★☆☆
・映像技術
★★★★☆
・演出
★★☆☆☆
・設定
★★☆☆☆

作品情報

タイトル スノーピアサー
公開日 2014年2月7日
上映時間 125分
区分 洋画
ジャンル SFサスペンス
監督 ポン・ジュノ
主演 クリス・エバンス

>>スノーピアサーのネタバレはこちら

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る