映画「ビリギャル」あらすじネタバレ結末と感想

ビリギャルの紹介:土井裕泰監督、有村架純主演、学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した実話をもとにした、60万部突破、2014年各種ランキング上位独占のベストセラーを映画化。

スポンサーリンク

ビリギャル あらすじ

ビリギャル 映画

映画「ビリギャル」のあらすじです。

「ハナミズキ」の土井裕泰監督、「あまちゃん」の有村架純主演、学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した実話をもとにした、60万部突破、2014年各種ランキング上位独占のベストセラーを映画化。

名古屋の女子高の2年生さやかは、中学入学以来、全く勉強をせず、偏差値30で成績は学年ビリでした。

見かねた母に塾へ通うことを提案され、さやかもさすがにこのままではマズイと思ったのか、塾に行くことを決意します。

入塾面接で対応した講師・坪田は、金髪にピアス、へそ出し、超ミニスカでギャルメイク
のさやかに面喰います。

しかしこの坪田との出会いが、さやかの運命を変えていきます。

聖徳太子を「セイトクタコ」と読み、東西南北もわからない知識レベル小4のさやかで
したが、坪田はさやかの素直な性格に気付き、夢は大きく、ふたりで難関の慶応大学合格を目指します。

二人三脚で小4のドリルから受験勉強が始まります。さやかは何度もくじけそうになりますが、そのたびに坪田が励まし続けていきます。偏差値30のギャルが、どのように偏差値70の慶應大学に現役合格を果たしたのでしょうか。

笑いと涙で描かれる、奇跡の青春ストーリーです。

スポンサーリンク

ビリギャル 作品概要

映画「ビリギャル」の概要をネタバレなしで説明します。

本作の原作は、2013年12月刊行の坪田信貴著『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』です。

オンライン通販サイトのAmazonにおいては、「学生の勉強法」カテゴリにおいて、1位の売り上げを記録しています。

著者の坪田信貴は坪田塾塾長で、個別指導によって1300人以上を教えてきました。心理学を駆使し、生徒の偏差値を短期間で急上昇させることに定評があります。

本書は、ビリギャルさやかが、高校2年生の夏に坪田と出会い、慶應義塾大学の現役合格を目指した実話です。

さやかは名古屋の中高大エスカレーター式のお嬢様学校に通っており、中2までは部活のソフトテニスに遊ぶ暇もなく打ち込んでいましたが、中3のころにギャル風の友達と仲良くなり、道を外れはじめました。

道を外れた原因の一つには、両親の不仲もありました。

高2のとき、内部進学も危うくなり、坪田の塾に通い始めます。さやかは、1年で偏差値を40上げて、みごと慶應義塾大学に現役合格を果たします。現在は結婚し、ウェディングプランナーとして働いています。

なお本の表紙に載っている不機嫌な女子高生はさやか本人ではなく、モデルが起用されています。

ビリギャル ネタバレ結末

映画「ビリギャル」の結末ラストの予想です。※ネタバレ含む

さやかは高2の夏休み、猛烈に勉強し、中学校3年間の英語を復習しました。

夏休みが終わり、授業が始まると、自分の進度に合わない学校の授業は無視し、自分の勉強に励みました。学校一の問題児で、内部進学コースなのに慶応をめざす彼女に対して、学校側は相当煙たがりました。

しかし、真剣に勉強に励む彼女を見てクラスメイトも応援するようになり、彼女は徐々に実力を蓄えはじめます。

特に英語の実力が急上昇し、模擬試験では偏差値70を超えました。ただし第一志望の慶應経済学部、文学部ともに合格判定は「E」でした。

信頼関係ができると坪田もさやかに厳しく指導するようになります。弱気になったとき、さやかは慶應を見に東京に行ったりして、勉強を続けました。

そして過去問をやると、五分五分のところまできたところで、いよいよ試験本番を迎えます。そして、慶応大学総合政策学部、明治、関西学院大学に合格します。

ビリギャル 感想

映画「ビリギャル」の感想です。

本作は、青春もの、家族ものが好きな方にとっては、注目の一本でしょう。また受験がテーマですので、多くの人が共感できるものでしょう。青春期や受験を懐かしく感じたり、お子さんが受験する方、した方は特に共感できるかもしれません。

ベストセラーとなった実話ですので、すでに結果はわかっていますが、それでも受験のストーリーは盛り上がるでしょう。

キャストで注目はやはり、さやか役を演じる主演の有村架純です。彼女がミニスカ・金髪で本作の主演を務めることは、ベストセラーの表紙の女子高生を完全コピーしたビジュアルとともに前々から話題になっています。

有村架純は1993年兵庫県伊丹市生まれで、2010年「ハガネの女」でドラマデビューしました。2013年、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレイクを果たし、その後、映画、テレビ、広告など各所に引っ張りだことなりました。

2015年「ストロボ・エッジ」に主演し、2016年「アイアムアヒーロー」公開も決まっています。現在、最もノリにノっている女優と言えるでしょう。

本作でどんなギャル役を見せてくれるでしょうか、非常に期待されます。現在、22歳の彼女のギャル役もまさに時期的にも貴重なものとなるでしょう。

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る