映画「フォーカス」あらすじネタバレ結末と感想

フォーカスの紹介:「フィリップ、きみを愛してる!」のグレン・フィカーラ&ジョン・レクア監督、「メン・イン・ブラック」シリーズのウィル・スミス主演のロマンティック・クライム・コメディ。

スポンサーリンク

フォーカス あらすじ

フォーカス 映画

映画「フォーカス」のあらすじです。

「フィリップ、きみを愛してる!」のグレン・フィカーラ&ジョン・レクア監督、「メン・イン・ブラック」シリーズのウィル・スミス主演のロマンティック・クライム・コメディ。

詐欺師のニッキーは、ナイトクラブに行き、そこで未熟な詐欺師ジェスと出会います。ジェスはニッキーを騙そうと近づいてきますが、ニッキーはそれを見破り、アドバイスします。

数日後、ジェスは別のクラブでニッキーを見かけ、自分の師匠となってくれるよう懇願します。

ニッキーはジェスをニューオリンズに連れていきます。そこでテストとして簡単な詐欺をさせます。彼女の腕を見た後、ニッキーは彼女を自分の仲間に紹介します。

すぐにニッキーとジェスは師弟関係を越え、恋愛関係になりますが、父から仕事相手とは恋愛してはいけないと教えられていたニッキーは困惑します。

メルセデスベンツスーパードームのサッカーの試合で、ニッキーとジェスは詐欺に成功し大金を得ますが、ニッキーはジェスに分け前を与えた上で別れを告げます。

3年後、ニッキーはブエノスアイレスで億万長者のモータースポーツチームのオーナー、ラファエル・ギャリガのもとで「仕事」しています。ギャリガは優勝のため、オーストラリアのビジネスマン、マックイーウェン率いるチームに勝つ必要がありました…。

スポンサーリンク

フォーカス 作品概要

映画「フォーカス」の概要をネタバレなしで説明します。

本作の主演は、1968年アメリカ・フィラデルフィア生まれのウィル・スミスです。フィラデルフィア教育委員会勤務の母と技師の父との間に生まれました

12歳からラップをはじめ、その後、友人とDJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスを結成、1987年、18歳のとき、アルバム『Rock The House』でデビューします。

翌年には、シングル「Parents Just Don’t Understand」が大ヒットし、グラミー賞最優秀パフォーマンス賞を受賞しました。

1990年、テレビコメディ「ベルエアのフレッシュ・プリンス」で人気を博し、1992年、「ハートブレイク・タウン」で映画デビューします。

そして、1995年「バッドボーイズ」、1996「インデペンデンス・デイ」が大ヒットし、トップスターの仲間入りを果たします。

またアクションスターとしてだけではなく、演技派としての一面も持ち、2001年、伝説のプロボクサーであるモハメド・アリ役を演じた「ALI アリ」、2006年、息子のジェイデンと親子競演した「幸せのちから」でアカデミー主演男優賞にノミネートされています。

ウィル・スミスは、主演作がメガヒットを期待されるドル箱スターの一人であり、2002年「メン・イン・ブラック2」から2008年「ハンコック」まで8作連続で全米初登場1位・興行収入1億ドル超えを記録しました。

本作もすでに興行収入1億3000万ドルを突破しています。

フォーカス ネタバレ結末

映画「フォーカス」の結末ラストの予想です。※ネタバレ含む

ニッキーとジェスはアメリカに戻ろうとします。しかし、ギャリガの手下によって捕らわれ、倉庫に連れられてきます。ニッキーはジェスの命を助けるよう懇願しますが、ギャリガによって殴られます。

ジェスはギャリガの高価な時計を盗むためにギャリガを誘惑したと打ち明けます。オーウェンはニッキーの胸を銃で撃ち、怖くなったギャリガは立ち去ります。オーウェンはニッキーの父親バッキーでした。彼は動脈は外したと言います。

バッキーはニッキーの肺を治療するためにふたりを病院へ運び、、ニッキーの金を持って立ち去ります。彼が立ち去った後、ジェスはギャリガが倉庫を出る前に彼の時計をスリ取っていったことを明かし、ふたりで病院に入っていきます。

フォーカス 感想

映画「フォーカス」の感想です。

本作は、エンターテイメント大作ですので、誰もが楽しめる作品となっていると思います。特に詐欺師ものが好きな方にはおすすめの一本です。

見どころは、タイトルにもあるように視線(フォーカス)をいかに盗み、相手の注意をそらす隙を作るかというテクニックです。世界最高の天才スリ師として有名なアポロ・ロビンスが顧問を務め、人間の脳の仕組みを利用したテクニックをウィル・スミスに伝授したということで、詐欺のディティールがどのように表現されているか、非常に楽しみです。

キャストでは主演のウィル・スミスはもちろんですが、ジェス役のマーゴット・ロビーが注目されます。彼女は1990年生まれ、オーストラリアの出身です。オーストラリアでドラマに出演した後、17歳で渡米しました。

2011年、人気テレビドラマ「PAN AN/パンナム」に出演すると、注目を浴び、2013年、マーティン・スコセッシ監督「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で主人公の2番目の妻役を演じ、大ブレイクします。

本作以外にも、実写版「ターザン」のヒロイン役、ハリウッド実写版『攻殻機動隊』のヒロインなども予定されており、現在、期待度NO.1の若手女優です。セクシーかつ洗練された雰囲気の彼女がどのようなジェス役を見せてくれるか、楽しみです。

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る