花子とアン ネタバレ!はなの結婚相手・夫は?馴れ初めは?結婚生活は?

東京での恋愛に奮闘する『花子とアン』主人公のはな。後に結婚をするはずなのですが、その相手とは一体誰なのでしょう?はなの結婚相手とその模様をはなのモデル村岡花子に残された実話から紐解いていきます。

スポンサーリンク

ネタバレ

現在、絶賛放送中の花子とアン。甲府から東京に出てきたはなは今まさに恋愛の真っ只中ですが、結婚相手は誰なのでしょう?朝市?村岡?宮本?もしかして梶原?
モデルとなっている村岡花子は、言わずもがな“村岡”姓ですので、結婚相手は村岡印刷の村岡英治です。実在の村岡花子の夫となる人物は村岡敬三(けいぞう)という方だそうです。敬三は、地元横浜の商業学校を卒業後、父の印刷会社に入社。父の右腕として事業をサポートします。彼の力もあり、会社は事業拡大し、東京銀座に進出します。その銀座支店の店長となったのが、村岡敬三です。なるほど、同じ銀座の出版社と印刷会社ですから接点がありますよね。
二人の馴れ初めは花子が翻訳した原稿を読んで興味が湧いた敬三は、花子の翻訳の印刷人を務めることとなり、1919年4月に二人は出会います。桜の花が咲く春うららかな時に二人は出会ったのですね。その後1919年10月24日に二人は結婚します。出会って半年で結婚とは、今で言う“スピード婚”ですね。それほどまでに二人は強く惹かれ合ったのでしょうね。

スポンサーリンク

敬三と花子は心を通じ合わせた後もラブラブで、先にご紹介しました花子が翻訳し、敬三が印刷人を務めた作品には、「大正八年五月二十五日 魂の住家みいでし記念すべき日に 花子」と、二人が初めてキスを交わした日が記されているようです。こちらまで恥ずかしくなっちゃいますよね。
そしてその後の結婚生活も二人は町でおしどり夫婦として知られるほどに仲のよい夫婦だったそうです。敬三は花子よりも6歳年上で75歳で亡くなっていますが、花子も同じ75歳で亡くなっているんですよね。そこにも二人の絆のようなものを感じざるを得ません。
今後村岡と花子の恋愛はどのようにドラマで描かれていくのでしょうか?実際は情熱的な恋愛だったようですが、吉高さん演じるはなはどこかポヤ~としているので、あまり想像出来ないですね。今後二人がどのように想いを通じ合わせていくのか見ものです。

各話のネタバレ&感想

>>花子とアン 全話 ネタバレまとめ

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る