花子とアン 71話 ネタバレ!村岡の隠された真相とは?村岡はどんな人?

カフェではなを待つ蓮子は、常連の宮本に帰れと罵られますが、蓮子ははなを待つ姿勢を変えません。やっと到着したはなの目に飛び込んできたのは蓮子と、村岡の姿でした。ついに村岡の気持ちが動き出します。

スポンサーリンク

ネタバレ

花子とアン 71話は、村岡のはなへの気持ちが確実なものとなった回です。ここからネタバレです。
はなを一人カフェで待つ蓮子は、常連の学生、宮本に絡まれます。宮本は社会主義に関心を持っており、打倒資本主義を掲げているため、見るからにお金持ちである蓮子が気に食わないのです。心無い言葉を突然浴びせられた蓮子は毅然とした態度で「私はこれから世界一大切な友達と会うのだから、何があっても帰りません」と反論します。蓮子かっこいいですね。と同時にこの何にも負けない強さから今までの蓮子の人生の壮絶さが物語られているようです。

そこへやっとはなが現れます。お互いの姿を見るなり手を取り合い喜び合う二人。なんせ10年ぶりですからね。昔の話に花を咲かせ再会を喜ぶ二人のところに思いがけない人が現れます。村岡とその弟です。
「てぇっ!村岡さんどうしてここに?」「ええと…偶然です。」はなから腹心の友として蓮子を紹介されると、ついつい安心したような顔を見せます。村岡は出版社ではなが今夜逢引することを耳に挟み、真相を確かめるべく偶然を装ってカフェに来たようです。その様子を見ていた蓮子は村岡に「あなた、はなさんのことを好きなんじゃなくって?」突然の蓮子の発言に動揺を隠せずそれを否定する村岡。しかし、友人との再会に無邪気に喜ぶはなの姿を見て、村岡は自分の本当の心に気付き始めていました。

村岡が反論の際に「だって自分は…」と言いよどんだのが気になりますね。なにか隠された真相があるのでしょうか?はなのモデルである花子と村岡は、後に結婚しますが、最初は不倫関係であったようです。つまり、村岡は結婚して奥さんがいる人ということですね。村岡が言いたかったのはそのことだったのではないでしょうか?だから自分の気持ちにも正直になれないところがあったのでしょう。ですが、弟の告白から小説の原本を用意したのは兄の村岡だったところを聞くと、村岡の想いは確実なものとなっているでしょうね。ドラマではどういった展開になるか分かりませんが、どちらにせよこの先が気になりますね。

スポンサーリンク

翌日、蓮子はかよの家から出掛けます。ふと目に留まった英英辞典が村岡から贈られたものと知ると、蓮子ははなに内緒で文をしたためこっそり辞典の間に忍ばせます。

この蓮子の文、なんて書かれているのでしょう?気になりますね。内容は完全に予測ですが、村岡がはなに宛てたようにみせかけたもので、好意を寄せていることをほのめかすような文ではないかと思います。真相は蓮子もはなの恋が上手くいってほしいと願ってのことのなのだと思いますが、ちょっとやりすぎなような気も…。

ついに村岡がはなへの想いに気付きましたね!これがいいのか悪いのか…はながまだいまいち気持ちが固まっていないですから、両想いになるまではもう少し時間が必要ですね。これからの村岡の行動がどうなるのか、明日の展開に期待です。

各話のネタバレ&感想

>>花子とアン 全話 ネタバレまとめ

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る