ハッピーフライト ネタバレと感想とあらすじ!専門用語の「I have」、「You have」の意味は?

「ハッピーフライト」は2008年公開の矢口史靖監督・田辺誠一主演の「航空会社」を舞台に繰り広げられるコメディ映画です。飛行機墜落の危機!?フライトを支えるプロフェッショナル達はトラブルを解決できるのか!

ハッピーフライトの画像

ネタバレ

ハッピーフライト」の監督は「ウォータボーイズ」「スィングガールズ」の矢口史靖さん。現在は「WOOD JOB-神去なあなあ日常-」が公開中です。
実はこの方、「やぐちしのぶ」さんと読むんです。初見だとなかなか読めないですよね。ちょっとしたネタバレでした。
この矢口監督、キャスティングに物凄くこだわりのある方で、毎回キャストはオーディションで選んでるんだそうです。なるほど、だから矢口監督の映画はキャストにハズレが少ないんですね。

また、この「ハッピーフライト」、ANA(全日本空輸)の全面協力で製作されていることもネタバレの一つ。
なので、パイロットやCAなどの衣装も本物です!
機内の撮影もセットではなく本物のジェット機を使用。(さすがにコクピットはセットだそうですが……)
その他、旅客ターミナルやANA機体整備工場などで大規模ロケを敢行。この場所での撮影は日本映画史上初だったということです。

この「ハッピーフライト」には、たくさんの専門用語も出てきます。その中でちょっと気になったのがパイロットの鈴木和博(田辺誠一)と原田典嘉(時任三郎)が繰り返し使う「I have」「You have」という言葉。ネタバレしちゃいますと、これは「I have control(コントロール)」「You have control」の略で、飛行機の操縦桿は左右がリンクしていてどちらでも操縦できるようになってるんです。操縦士と副操縦士が別々の操作を同時にしてしまうと事故につながる恐れがあるため、常にどちらが操縦をしているかを確認しているんですね。

いろいろネタバレしちゃいましたね。まだ「ハッピーフライト」を見ていない方はこのネタバレを参考にして見るともっと楽しめるかもしれません!

スポンサーリンク

感想

この映画「ハッピーフライト」を見た感想を一言でいうと「うあー、おもしろかったー!」って感想でしょうか。
飛行機が舞台の映画ってパニックものやアクションものが多いけど、コメディ最高!
最初、綾瀬はるか演じるCA・斉藤悦子が仕事できなさすぎてちょっとイラッとしたけど(へっぽこすぎる!)、どんどん話に引き込まれていきました。

役者陣も芸達者な人ばかりでみんないい味出してます。このキャスティングはホント見事だと思いました。
主役は田辺誠一さんなんですが、登場人物全員に見せ場があって全員が主役の映画っていう感想です。

「飛行中に問題が起こった飛行機が羽田に戻って来る」だけの話なのに、どうしてここまで面白いんだろう・・・。
専門用語が多く、それに対する説明もないけど、全然気にならない。
各持ち場のスタッフがその時点で最善と思われる判断をし、皆が全力を尽くして対処していく姿に感動してしまいました。
無事に飛行機が着陸した時には思わず拍手しちゃいましたよ!

最近、ドラマ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』で深田恭子さんが航空管制官役を演じていましたが、飛行機一機飛ぶのに本当にたくさんの人たちが関わっていることがよくわかります。(ちなみにこの「TOKYOエアポート」はハッピーフライトと同じプロデューサーが担当しているそうです)
空港の裏側を垣間見れた気がしてとても面白かったです。
ホントに矢口監督は普通の人がスポットを当てない面白いところを突いてくるなあ、という感想ですね。

そしてエンディングのフランク・シナトラの「COME FLY WITH ME」がすごく晴れやかな気分にしてくれます。

見て損はない映画だと思いますよ!
以上、「ハッピーフライト」の感想でした!

スポンサーリンク

あらすじ

「ハッピーフライト」のあらすじと登場人物を紹介していきます。
パイロットの鈴木和博を演じるのは田辺誠一。
鈴木は機長昇格訓練を受けている副操縦士。今回のホノルル行のチャーター便NH1980への搭乗は機長昇格のかかった大事なフライトである。しかし、担当教官が温厚で審査の甘い望月教官から威圧感バリバリの原田教官(時任三郎)に変更になり大ショック。

フライト経験10か月の新人キャビンアテンダント・斉藤悦子を演じるのは綾瀬はるか。悦子は今回のホノルル行の便が国際線初乗務。ホノルル便のチーフパーサーが“鬼の山崎”(寺島しのぶ)だと聞いて戦々恐々。

この二人を軸に、ドラマは進んでいきます。
では映画「ハッピーフライト」のあらすじです。

フライトを支える、グランドスタッフ・管制官・オペレーションセンター・整備士・バードパトロールがNH1980を定時で飛ばすため、各々の持ち場で慌ただしく働いていた。

無事に離陸はしたものの、鈴木は緊張しすぎて空回り、悦子も乗客からの注文をさばききれずミスを連発。

しかし、乗客から「翼に何かが当たったような気がする」という報告を受けた直後に計器のトラブルが発生し羽田に引き返すことに……。
しかし、羽田空港では台風による暴風雨が待ち構えていた。
果たして、鈴木は、悦子は、空港のスタッフたちは機体にトラブルを抱えたNH1980便を無事、帰還させることができるのか!というようなあらすじになっています。

よくもまあ、こんなに次から次へと問題が連発するもんだ!というあらすじなんですが、このトラブルに現場のプロフェッショナル達が一丸となって最善策を模索していきます。

エンディングロールに流れる、登場人物たちのその後も見どころの一つです。
以上「ハッピーフライト」のあらすじと登場人物の紹介でした。

予告編動画

評価

  • 総合点:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品情報

  • 公開日:2008年11月15日
  • 上映時間:103分
  • ジャンル:コメディ
  • 監督:矢口史靖
  • 主演:田辺誠一

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る