BORDER 7話 ネタバレと感想!小栗旬が演じる石川が遂に敗北?

BORDER 7話のテーマは、敗北です。都内の大学生が夜中にひき逃げされて、その犯人は現役外務大臣の息子でした。石川は犯人逮捕のために必死になって動くが、警察上層部の圧力と証拠隠蔽請負人の神坂が動き出していた。果たして石川は事件解決できるのか!?

スポンサーリンク

ネタバレと感想

ネタバレしますがBORDER 7話は、主人公である石川が事件を解決できないというのが一つのテーマになっています。そう、BORDER 7話のテーマは敗北です。ある日、バイト帰りの男子大学生が車にひき逃げされるという事件が起こりました。

犯人をネタバレしますが、同じく大学生の現役外務大臣の息子でした。目撃者もいたので、事件は着々と証拠が集められて解決の方向に向かっていたのです。感想としては、目撃者のおじさんが亡くなった大学生から、お母さんに対する遺言を受け取ったという場面がすごくよかったです。

ネタバレですが、石川は警察上層部から捜査の中断を言い渡されます。「あーやはり、お偉いさんの圧力がかかっているのだなぁ」という感想を持ちました。BORDER 7話で、石川は本当に必死に捜査している感じがしました。

スポンサーリンク

でも石川は、「目撃者達ならきっと証明してくれるはずだ」と再び、目撃者の元を訪ねますが、その証言は前日と全く違うものになっていました。BORDER 7話では石川の敗北感が随所に表れているなぁという感想を持ちました。証拠がどんどん消えていくのには実は理由があったのです。

ネタバレしますが、証拠隠蔽請負人と言う人物がいたのです。BORDER 7話は珍しいことに、1話完結ではなかったので「いったい来週はどうなってしまうのだろう?」という感想を抱いています。期待大です!

BORDER 7話では敗北だったので、次は警察上層部の圧力と証拠隠蔽請負人に勝利してほしいなぁと思います。

各話のネタバレ&感想

>>BORDER ネタバレと感想とあらすじ

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る