私の男 ネタバレと感想とあらすじ!評価は?原作は桜庭一樹の小説!

第138回直木賞受賞、桜庭一樹原作の「私の男」。累計部数40万部超えの大ヒットを記録した、父と娘の禁断の愛。映画化不可能と言われた作品が、浅野忠信・二階堂ふみによって実写映画化されました。

私の男の画像

ネタバレ

映画「私の男」のネタバレです。
まずは原作者のネタバレ。
映画「私の男」は第138回直木賞受賞の同名小説を実写映画化したものです。
原作者は桜庭一樹さん。名前だけ見ると男性のようですが実は女性なんです。確かにこの話は男性には書けない気がします。

次にキャストのネタバレですが、腐野淳悟(くさりのじゅんご)役はハリウッドにも活躍の場を広げている浅野忠信。最近ではNHK「ロング・グッドバイ」での孤高の探偵役が記憶に新しいですよね。

そして腐野花(くさりのはな)役には「ヒミズ」でヴェネチア国際映画祭最優秀新人賞・第56回ブルーリボン賞助演女優賞などを受賞した二階堂ふみ。
また、藤竜也、高良健吾、モロ師岡ら安定感のあるキャストを配役しています。

監督のネタバレです。「私の男」の監督をつとめるのは「海炭市叙景」「夏の終わり」など熊切和嘉。最近ではチュートリアルの徳井義実主演の「莫逆家族-バクギャクファミーリア-」(2012)が話題になりました。
実はこの熊切和嘉監督、海外での評価がかなり高い方で、第28回イタリア・タオルミナ国際映画祭グランプリなど海外の映画祭で数々の賞を受賞されています。

浅野忠信はこの腐野淳悟という役を「自分にしかできない役」、二階堂ふみは「自分にとって運命の作品」と意欲を見せており、熊切和嘉監督は「この作品が公開され、世間からたかられ、監督生命が終わっても悔いはない」と、かなりの覚悟を持って作った作品であることがうかがえます。

以上、映画「私の男」のキャスト、監督のネタバレでした。

スポンサーリンク

感想

映画「私の男」に関する感想です。
まず「私の男」というタイトルを初めて見た時になんて独占欲に満ちたタイトルなんだろう、という感想を持ちました。そして「全部、私のもんだ」という予告動画の一言を見た時も同じような感想を持ちました。
心の虚ろを埋めるために全てを求めるような、奪われることを恐れるがゆえに奪っていくような・・・、そんな印象。二人の世界は閉塞感に満ちている、そういう印象を私は持ちました。

予告動画を見るだけで浅野忠信と二階堂ふみの演じるこの二人が歪んだ関係であることは一目瞭然なのに、そこに美しさを感じるのはなぜでしょうか。
白い雪原に歪んだ二人が立っている、それだけで何か背徳感があふれだしそうな危うさがあります。

そして、腐野(くさりの)という名字にも衝撃を受けました。文字通りの「腐」のイメージと共に、韻的に「鎖」を連想してしまうのですが、この名字も二人の関係を暗示しているような気がします。

この衝撃の問題作で浅野忠信と二階堂ふみの二人の俳優のキャスティングは本当に奇跡のようなものだと思います。今現在、この二人以外に淳悟と花を演じられる役者はいないんじゃないか、という感想です。

描く時代によって、使用するカメラを使い分け、「今できることをすべて追求した」という監督。北海道の雄大な自然描写も見逃せません。

殺人事件の真相と、二人の過去、そしてこの二人の行く末に魂を揺さぶられることは間違いないでしょう。
以上、映画「私の男」に関する感想でした。

スポンサーリンク

あらすじ

映画「私の男」のあらすじです。
R15+(15歳未満の鑑賞禁止)という指定がされた本作。日本ではタブーとされている父と娘の愛、近親相姦をテーマに描かれているため、誰でも気軽に楽しめる映画、というわけではなさそうです。
そのテーマに拒否感を感じる方もいるかもしれません。

それでは、あらすじをご紹介していきます。
10歳の時に奥尻島を襲った地震による津波で家族を失い孤児となった花を引き取ったのは遠縁の親戚を名乗る海上保安官主計士の腐野淳悟だった。
心に孤独を抱えた二人は寄り添うように生きていたが、花が16歳になったある冬、二人を見守ってきた大塩(藤竜也)は二人の秘密に気づき、花に淳悟と離れるように説得に来る。
そして、流氷の海で大塩の遺体が発見される。
淳悟と花は、誰にも知られず紋別の街から姿を消す・・・、というのが北海道編のあらすじ。
東京に逃げてきても二人の関係は続いていく。裕福な家庭で育った花の婚約者・尾崎美郎(高良健吾)や紋別の刑事・田岡(モロ師岡)がどのようにかかわって来るかも注目です。

原作のあらすじでは、現在から過去へ遡って物語が展開していくのですが、映画ではどういう構成になってるのか、とても楽しみです。
原作者の桜庭一樹さんは「原作とは違ったアプローチ」「淳悟と花を客観的に捉えている」とコメントしており、原作との違いも楽しめそうです。

あらすじだけでは、この耽美で背徳に満ちた世界観は伝わらないですよね。是非ご自分の目でこの世界観を堪能してください。

予告編動画

評価

  • 総合点:70点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト:★★★☆☆
  • 映像技術:★★☆☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品情報

  • 公開日:2014年6月14日
  • 上映時間:129分
  • ジャンル:サスペンス
  • 監督:熊切和嘉
  • 主演:浅野忠信

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る