アナと雪の女王の感想

ここ最近のディズニー映画の中で、ダントツ面白いです!ミュージカル好き、お姫さま好き女子方なら「素敵~!」という言葉が思わずこぼれてしまうかもしれません。日本語吹き替えの声優の皆さんもぴったりはまっていて、特に雪の女王役の松たか子さん!ピッタリで感動しました。大好きな映画の一つに仲間入りです!

アナと雪の女王の画像

スポンサーリンク

感想

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの最新作である、アナと雪の女王は一言で感想を述べるなら、素晴らしい!です。久しぶりに、胸がときめく映画を観たなぁという感想です。映画アナと雪の女王は、なんとダブルヒロインなんです~。日本語吹き替え版アナと雪の女王では、雪の女王である姉エルサの声を松たか子さんが、その妹アナを神田沙也加さんが演じています。

歴史ある王家の美しい姉妹であるエルサとアナ。姉のエルサは、昔からとても控えめで自分をさらけ出すことはあまりなかったのです。なぜなら、彼女には誰もが驚く特殊な力があったからです。
その禁断の力が公になってしまったのは、記念すべき姉エルサの王女としての戴冠式の時でした。実は、エルサは何でも氷に変えてしまうという恐ろしい力を持っていたのです。

人々はあまりに驚き、妹のアナもショックを隠し切れません。そんな状況の中で、エルサは城から逃亡して、今まで押し殺していた禁断の力を十分に発揮して、雪の大国を作りあげたのです。
姉は長い間、愛する妹を守るため、自分の特殊能力に気づきながらも、本当の自分を押し殺して、殻に閉じこもっていました。

ですが、彼女は雪の大国を作ることでやっと憧れていた自由を手に入れて謳歌しているのでした。一方で妹のアナは、姉エルサの深い深い自分への愛をきちんと受け止めて、エルサと王国を守るために旅に出るのです。これが、映画アナと雪の女王の大まかなあらすじです。

アナと雪の女王という映画の感想として、ただのアニメではなく、ミュージカル色がとても強い作品だという印象を持ちました。私のほかにも、ミュージカル好きの皆さんが「とても楽しい気分になれて良かった」などの感想をお持ちのようです。
映画アナと雪の女王を観ていると「ここでミュージカルの歌が来たのかぁ!」とにんまりしてしまう場面が何度も何度もありました。

アナと雪の女王の英語版も日本語版も、両方とても歌がうまくて感動しました。ちなみに、私はディズニーの大ファンですので二回見ました。なので、両方の感想を書かせていただいています!
英語版では、その美声を中心に楽しんで、日本語版で歌詞と歌声のコラボレーションを中心に楽しんだりと、映画アナと雪の女王はストーリーだけでなく、ミュージカルとしても十分楽しめます。

また、映画映画アナと雪の女王に出てくる、雪だるまが本当にかわいいんです。二人のヒロインがとても美しいので、雪だるまのような茶目っ気あふれるキャラクターは、映画のクッション材として大活躍だなぁという感想を持ちました。

評価

・総合点
80点/100点
・オススメ度
★★★★☆
・ストーリー
★★★★☆
・キャスト
★★★☆☆
・映像技術
★★★☆☆
・演出
★★☆☆☆
・設定
★★☆☆☆

作品情報

タイトル エヴァの告白
公開日 2014年3月14日
上映時間 125分
区分 洋画
ジャンル アニメ
監督 クリス・バック
主演 アニメのため無し
アニメーション制作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

>>アナと雪の女王のネタバレはこちら

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る