映画『ロボコップ』の感想

映画『ロボコップ』の前作は観ていなかったのですが、十分に楽しめた作品です!現実には絶対起こらないであろうことだけど、このロボットの世界も結構楽しめました~。ただ、アクションシーンが結構多いので女の子で好きかどうかはちょっと分かれると思います。ちなみに私は・・・個人的にはあまり好きじゃなかったかもしれないです。

ロボコップの画像

スポンサーリンク

感想

映画ロボコップ』は、1987年に大ヒットした映画 ロボコップの第二弾です!ロボコップという映画のタイトルは一緒ですが、内容や抱く感想は違っています。

ロボコップという映画の舞台は、未来の2028年です。2028年はどんな世界になっているのかというと?そこは、ロボットが今よりももっと身近な存在になっている世界で、巨大企業オムニコープ社によってロボット技術がどんどん発展していました。

映画ロボコップの主人公のアレックス・マーフィ&ロボコップを演じるのがジョエル・キナマンです。個人的な感想ですが、この俳優さんすごくかっこいいです。アクションがキレますし、見事ロボコップになりきっていて個人的にはかなりのヒット~という感想です!

では、ロボコップという映画のあらすじに戻りますが、デトロイトで警察官として働く主人公のアレックス・マーフィは、勤務中に事件に巻き込まれて重傷を負ってしまいます。
ですがそこで、ロボット発明が盛んなオムニコープ社の技術によりロボコップとして生まれ変わるのです!
この生まれかわった瞬間が何ともかっこいいです。思わずあんぐりというか、うっとりしてしまいました。あらすじは、結構わかりやすいなぁという感想を持ちました。

また、私が個人的な感想ですが、音楽の使い方がすごく魅了的です。私は、前作のロボコップは観ていないのですが、前作からのファンだという友達と一緒に行ったところ、前作のテーマ曲が流れるたびに「ドキドキして興奮する!」という感想を述べていました。
私は、知らなかったので友達ほどドキドキはしなかったのですが、作品の中で使われているジャズや機械音など、音楽や効果音に関してはすごく気を遣っている映画だなぁと言う感想です。ですから、劇場に足を運んだ方がより楽しめるかと思います。

映画ロボコップは、結構機械音がして、ロボット自体もかっこいいのできっと男性の方が好きそうな映画だなぁという感想です。ストーリーは実に単純明快ですので、すんなりと内容が頭に入ってきますし、純粋にSFアクションを楽しめる作品となっています。映画ロボコップの最新作を観ていると、前作のロボコップはいったいどのような作品だったのだろうと気になって仕方ありません!

個人的な感想としては、前作のロボコップも観たほうが楽しめるような気がします。私も、早速前作を借りてじっくり観ようかと思っています。私自身が、どんな感想を抱くのか楽しみです~。皆さん、是非SFアクションをお楽しみください。

評価

・総合点
70点/100点
・オススメ度
★★★☆☆
・ストーリー
★★☆☆☆
・キャスト
★★★☆☆
・映像技術
★★★☆☆
・演出
★★☆☆☆
・設定
★★☆☆☆

作品情報

タイトル ロボコップ
公開日 2014年3月14日
上映時間 117分
区分 洋画
ジャンル SFアクション
監督 ジョゼ・パジーリャ
主演 ジョエル・キナマン

>>ロボコップのネタバレはこちら

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る