チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像のあらすじ

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像は、9つの変死体と、脅迫状を巡って、最後にして、シリーズ最大の謎に挑むグッチ白鳥コンビを中心に、事件の解決に至る様を描いていきます。

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像の画像

スポンサーリンク

あらすじ

ドラマ開始から6年、ついにグッチ白鳥コンビは映画館でファイナルを迎えることになりました。それが、チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像です。

では、チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像のあらすじをご紹介します。
顕微鏡レベルの解析度を誇るMRIリヴァイアサン、それを目玉とした日本初のAiセンター発足のために、お馴染み厚生労働省の一風変わった役人の白鳥圭輔(仲村トオル)と、東城医大の心療内科医田口公平(伊藤淳史)は奔走しています。

そんな時、密室の地下室で9つの変死体が見つかります。
その中には白鳥の上司である厚労省の官僚も含まれていました。
ここまであらすじをお話ししただけでも、もう引き込まれてしまいますよね。

スポンサーリンク

司法解剖では死因が特定できないという前代未聞の謎の事件、さらに田口の元には「三の月、東城医大とケルベロスの塔を破壊する」という脅迫状が届きます。
この点、チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像と、タイトルにもなっているケルベロスとは、ギリシャ神話に登場する冥界の番犬のことです。
すなわち、ケルベロスの塔とは、あの世へ渡るために通るAiセンターを指すと考えられるのです。

このように、チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像は、9つの変死体と、脅迫状を巡って展開していきます。
最後にして、シリーズ最大の謎に挑む、田口と白鳥、チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像は、このグッチ白鳥コンビを中心に、事件の解決に至る様を描いていきます。

犯人は誰?医師でもある海堂尊が書き上げた医療ミステリーのチーム・バチスタ最終章、それがチーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像なのです。

参考記事

>>チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像の感想
>>チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像のネタバレ
>>ケルベロスの肖像の主題歌

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る