ビター・ブラッド 6話 ネタバレと感想!犯人役・及川光博の登場は?

ビター・ブラッド 6話は、銀座署内である事件が起こります。それは、署のメンバーの一人である鍵山が何者かに刺されてしまうのです。奥さんの証言によると、古くからの同僚に会うとのことで、署内での犯人探しが始まります。夏輝と瞳は内偵調査を命じられますが、誰も怪しく思えてしまいます。

スポンサーリンク

ネタバレと感想

回を重ねるごとに、コミカルさに拍車がかかっているビター・ブラッド 6話の全体的な感想は、素直に面白かったですがちょっとチープなドラマに見えてしまいました。

ネタバレしますが、コミカルなところと、夏輝のアクションシーンや緊迫感あふれるところが、何だか混ざってしまったなぁという感想を持ちました。ビター・ブラッド 6話は銀座所轄内で事件が起こります。

ビター・ブラッド 6話の最大のネタバレをしますが、なんと高橋克己さん演じる鍵山が何者かに刺され、重症を負ってしまったのです。鍵山の家族の「古くから親しくしていた部下と会う予定だった」と言う証言から、犯人として鍵山班の人たちが疑われます。

その中で夏輝と瞳は内偵捜査を命じられ、「鍵山班の無実を晴らそう!」という思いから、二人は色々探っていきますが、誰しもが怪しく見えてしまいます。ネタバレしますが、いつ見ても夏輝の走るシーンはかっこいですね。毎回でてくるシーンのような気がして、ちょっとして楽しみになっています。

スポンサーリンク

ビター・ブラッド 6話のネタバレ内容は結構シリアスに思えますが、実際のドラマを見るとコミカル色が強すぎるなぁという感想を持ちましたので、もっとシリアスな場面も増えても良いのかぁと思いました。感想として、面白いことには変わりはないのですが・・・。

ネタバレしますがビター・ブラッド 6話では、結局島尾が犯人扱いされて、捜査は進んでいきます。ですが、島尾が犯人ではないと確信したころには本当の犯人が、また鍵山の命を狙ってきたのです・・・。でも正直な感想として、ドラマの流れを見ていれば本当の犯人には途中で気づいてしまうかと思います。

感想として、そろそろ凶悪犯人役のミッチーこと及川光博さんが大々的に登場して来てほしいなぁと思いました。そうすれば、もっと緊迫感が増すはずです!

各話のネタバレ&感想

>>ビター・ブラッド ネタバレと感想とあらすじ

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る