「るろうに剣心 伝説の最期編」あらすじと感想(ネタバレなし)

和月伸宏原作の大ヒットコミックを映画化したアクション大作の完結編が2部連続でいよいよ公開です。主演の佐藤健をはじめ、武井咲、福山雅治、藤原竜也、神木竜之介といった豪華キャストが勢揃いです。

るろうに剣心 伝説の最期編の画像

あらすじ

るろうに剣心 伝説の最期編」のあらすじです。

動乱の幕末期、『人斬り抜刀斎』と恐れられていた男、緋村剣心。
明治の世を迎えた後は『不殺の誓い』を掲げ、流浪人として全国を旅して過ごしていましたが、ふとしたことから神谷道場の娘・神谷薫と知り合い、仲間達と穏やかな日々を送っていました。
そんなある日、剣心は、明治政府転覆を目論む志々雄真実一派を倒す様、明治政府から依頼されます。剣心の後を継ぎ『影の人斬り役』を務めていた志々雄を倒すため、薫が止めるのを振り切り京都へ向かった剣心でしたが、志々雄の部下・瀬田宗次郎に逆刃刀を折られてしまいます。
さらに、剣心を助けるために仲間達と京都へ駆けつけた薫までもが、志々雄にさらわれてしまうのです。

薫を助けるために海へ飛び込んだ剣心でしたが、岸へ打ち上げられた剣心を助けたのは、剣心の使う剣術・飛天御剣流の師匠である比古清十郎でした。
今の自分の実力では志々雄を倒す事は出来ないと悟った剣心は、清十郎に飛天御剣流の奥義を伝授してもらえるよう懇願します。

一方志々雄は、過去の『人斬り抜刀斎』時代の暗殺の罪により、剣心を公開打ち首にさせようと、明治政府に圧力をかけます。
危機に立たされた剣心は、最狂の敵・志々雄を倒し、薫と生きて再会できるのでしょうか―?

スポンサーリンク

作品概要

「るろうに剣心 伝説の最期編」の概要をネタバレなしで説明します。

「京都大火編」「伝説の最期編」と2部連続公開の「るろうに剣心」、第1作目に続き今回も豪華キャスト陣が起用されていますが、中でも一番の目玉は、剣心の師匠・比古清十郎役として、福山雅治が登場する事でしょう。
剣心役の佐藤健の事務所の先輩でもある福山雅治が、後輩の佐藤健が福山のラジオにゲスト出演した際に「続編があったら是非出てください」と話した事があり、それが実現する事になりました。
2人は大河ドラマ「龍馬伝」以来の共演となります。

また、剣心最大の敵・志々雄真実には藤原竜也が扮していますが、あのインパクトのある全身包帯グルグル巻きの外見は、実はスーツ(着ぐるみ)で作られているそうです。
この志々雄スーツは、非常に着心地が悪かったそうですが、これを身に付けたままでアクションもこなし、本当に大変だった様です。

また、志々雄真実の部下・瀬田宗次郎ですが、こちらは神木隆之介が演じています。
感情が欠落していることにより常に微笑みを絶やさない表情になっているため、一見あどけなさの残る少年の様に見えますが、実は剣心に匹敵する剣の達人という役柄には、今作の中では一番イメージにピッタリなのではないかと思います。

スポンサーリンク

予告編動画

感想

「るろうに剣心 伝説の最期編」の感想です。

「るろうに剣心」第1作目は、アクションに力を入れている印象が強く、これまでの日本映画に無かった様なタイプのアクションでとても面白かったという印象を受けました。
また、剣心役の佐藤健がイメージにピッタリで良かったと思います。
第1作目の評判が良かったのでしょう、今回は「京都大火編」「伝説の最期編」と2部続けての公開となっています。

原作マンガ中で一番の人気を誇る「京都編」の映画化となっていますが、剣心最大の敵・志々雄真実役には一体誰が選ばれるのだろうと思っていたら、藤原竜也でした。
外見は着ぐるみを着てしまうので、マンガの通り?になってしまうのですが、志々雄の内側に秘められた熱い部分に関してはイメージと合っているのではないかと思います。

また、最後に発表されたキャスト、剣心の師匠・比古清十郎役の福山雅治は、クールなイメージがピッタリなのではないでしょうか。
また、実際に佐藤健の事務所の先輩ということで、そういう部分もイメージに合うのではないかと思います。

明神弥彦役が、1作目の田中偉登君から、大八木凱斗君にバトンタッチしましたが、これは田中君が成長してイメージに合わなくなったからでしょうか?少し残念です。

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る