「海を感じる時」あらすじと感想(ネタバレなし)

1978年、18歳の女子高生が書いたことでセンセーショナルな話題を呼び、ベストセラーとなった群像新人賞受賞作「海を感じる時」が、市川由衣、池松壮亮というキャストを得て、30年の時を経て映画化されます。

海を感じる時の画像

あらすじ

海を感じる時」のあらすじです。

恵美子は、新聞部に所属する高校生。
ある日、授業をさぼり部室で暇をつぶしていた恵美子は、先輩の3年生・洋と顔を合わせます。
突然、洋は恵美子にキスを迫りますが、「決してキミが好きな訳じゃない。ただキスがしてみたいだけ。」だと言うのです。
衝動的に体を預ける恵美子でしたが、その様な時にも洋は「女の人の体に興味があっただけ。キミじゃなくてもよかった。」と言い放つのでした。

幼い頃に父親を亡くし、母親に厳格に育てられていた恵美子は、愛を知らずに育っていました。
そんな恵美子は、どんなに突き放されても洋を求め、「体の関係だけでいい。」と、会うたびに洋に自ら体を差し出すのです。

そんな日々が続くうちに月日は過ぎ、洋は進学のために上京し、恵美子も洋のそばにいたい一心で東京に出て行き、花屋で働く様になりました。
洋とのこのような関係に寂しさを募らせながらも、次第に『女』として目覚めていく自分に気が付き始めた恵美子。

どんな形でも洋に必要とされたいと願いながらも、洋の態度に傷つき反発を繰り返し、それでも洋との関係を続けて行く恵美子でしたが、ある時から洋との立場が逆転していくのですが―。

スポンサーリンク

作品概要

「海を感じる時」の概要をネタバレなしで説明します。

原作は、1978年に『群像新人文学賞』を受賞した中沢けい氏の同名小説です。
発表当時、中沢けい氏は18歳の現役女子高生であり、内容も過激な描写があることから、スキャンダラスな作品として話題を呼びました。
しかし、愛を知らない少女が『女』へと目覚めていく様を繊細に描いた作風は、いまなお高く評価されています。

主人公・恵美子役の市川由衣は、脚本を読んで「覚悟がいる役だが、挑戦したいと思った。」と、この役を演じたそうです。
市川由衣と言えば、『an・an』夏の恒例企画・愛とSEX特集でも大胆ショットを公開していましたが、今作でも大胆な描写のあるシーンに果敢に挑み、『自分の代表作だと胸を張って言える作品になりました』と語っているそうです。

洋役の池松壮亮は、「愛の渦」「大人ドロップ」「春を背負って」「紙の月」等、今年も数々の映画に出演している若手実力派俳優の1人ですが、この作品でも繊細な役柄を演じています。

実は、この作品が出版された頃の30年前にも映画化が企画されたそうですが、原作者がストップを掛けたということがあったそうです。
そんな原作者が、主演2人の演技を絶賛しているそうです。

スポンサーリンク

予告編動画

感想

「海を感じる時」の感想です。

原作の同名小説が発表された30年前当時にあった映画化の企画をストップさせた原作者の中沢けい氏が、「市川さんと池松さんが生まれてくるのを待っていてくれてありがとう、という気持ち」だと言う程、絶賛しているキャスト陣を迎えての映画化です。

「blue」や「僕は妹に恋をする」等の作品で、繊細な心理描写に定評のある安藤尋監督も、2人が恵美子と洋を演じているというよりも、「恵美子と洋が自分の目の前にいて、息をし、触れあっている。自分にそう感じさせている2人でした。」と語っているように、女優としての転機を掛けてこの作品に挑んだ市川由衣と、そんな市川の熱意を受けて繊細な演技を見せる池松壮亮の、2人の演技が見どころなのではないかと思います。

さらに、原作小説も、発表当時現役女子高生だった著者が描いていたことでスキャンダラスな作品として話題となった経緯もあったため、今作では主演2人の濃厚なラブシーンが話題となっていますが、そればかりではなく、原作でも描かれている恵美子が洋との関係を通して女性として成長していく姿と、母親との確執を含めた母親と娘との親子関係を描いている部分も大きな見どころではないかと思います。

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る