キャプテンハーロックの感想

キャプテンハーロックはSFコミック界の巨匠・松本零士さんのすべてが詰まっている!と思えるような素晴らしい作品です。アニメって呼んでいいのかな?と思うくらいにクオリティが高いので驚いてしまいます。この作品は、自宅のテレビでなく劇場の大スクリーンで観るからこその良さがあります。SFアニメファンの方必見です。

キャプテンハーロックの画像

スポンサーリンク

感想

映画『キャプテンハーロック』は、松本零士さんが原作で1978~79年にTV放送されたアニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」を映画化したものです。

映画キャプテンハーロックは、フルCGアニメーションになっていて、声優には日本の若手俳優の有名どころである小栗旬さん、三浦春馬さん、蒼井優さんなどが揃っています。

キャプテンハーロックの感想を一言で言うならば、これはアニメって言っていいのか!?そんなレベルではない!と言う感想を持ちました。映画キャプテンハーロックのあらすじを簡単にご説明しますね。
作品の舞台は、「カム・ホーム戦争」から100年後の世界となっています。「カム・ホーム戦争」とは、宇宙全域に散らばってしまった人類達が地球に帰るために戦った争いのことをいいます。

三浦春馬さんが声を演じ青年ヤマは、キャプテンハーロックを殺せという命令に従って、新人乗組員として小栗旬さんが声を演じるハーロックが駆る宇宙海賊戦艦アルカディア号に潜入します。そこで、ヤマはハーロック暗殺の機会を伺って生活していたが、徐々にハーロックの本当の目的などを知って心が揺れ動いていくのです。

ここからは私の個人的な感想になりますが、原作を観ていなくても映画キャプテンハーロックは、十分に楽しむことが出来ました。とにかく、映像が素晴らしすぎるという感想が一番大きいです。私と友人は3Dで鑑賞しましたが、色々な口コミサイトを観ていると、2Dでも十分に楽しめそうなほど、映像のクオリティは素晴らしいようですね~。

でも、映画キャプテンハーロックの中でちょっと残念だったなぁという感想もあります。それは、主役のキャプテンハーロックの声を演じた小栗旬さんです。この感想は、インターネット上の口コミサイトでもいろいろ言われているようですが、小栗さんの声が少しこもっているせいかちょっと聞き取りづらいんです!それに、イメージと少し違かったという感想も・・・。

その点は少し残念な感想はもちましたが、キャプテンハーロックと小栗さんのかっこよさで許せてしまいます!他のキャストの方の、声とイメージは何も違和感がなくてばっちりだったと思います。

私の感想になりますが、このような実写化されたタイプの作品は、あえて原作を読まないほうが楽しめるかもしれません。とにかくアニメーションが素晴らしいので、原作と比較してイライラともどかしい気持ちで観るのなら、いっそのこと何も見ないで、映画キャプテンハーロックの世界に浸ってはいかがでしょうか?
自宅でDVDで済ませようと思っていたそこのあなた!是非とも映画館の大スクリーンで観てください。しかも2Dよりも3Dで観てくださいね~!アニメ好きじゃなくても楽しめる作品になっているなぁというのが一番の感想です。

評価

・総合点
70点/100点
・オススメ度
★★★☆☆
・ストーリー
★★☆☆☆
・キャスト
★★★☆☆
・映像技術
★★★☆☆
・演出
★★☆☆☆
・設定
★★☆☆☆

作品情報

タイトル キャプテンハーロック
公開日 2013年9月7日
上映時間 115分
区分 邦画
ジャンル アニメ
監督 白石和彌
主演 アニメのためなし

>>キャプテンハーロックのネタバレはこちら

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る