映画 黒執事の感想

水嶋ヒロの3年ぶりの復帰作ということで見に行きました。やはりかっこよさは健在でしたし、女優陣のアクションや映像のクオリティもすごかったので大満足の作品です。

映画『黒執事』の画像

感想

黒執事は、アニメや漫画で大人気の枢やな原作コミックを実写版映画化した作品です。主人公セバスチャン役は、今回3年ぶりの復帰した水嶋ヒロさん。
冷酷で、性格は悪いけど、執事として命をかけてご主人様を守るという点では完璧です。そして、その 黒執事が守るべきご主人様 幻蜂清玄伯爵役が、剛力彩芽さん。
二人は、絶対的な主従関係でもあり、世界統一を目標に掲げている女王の「番犬」としての役割も担っているのです。そんな二人が、複雑に絡み合う二つの事件を解決するべく奮闘するアクションストーリーです!

水嶋ヒロファンの私の感想としては、 黒執事の画面に映る美しさに終始うっとりしてしまいました。一番の感想として、とても目がきれいなんです!とにかく水嶋ヒロが主人公の 黒執事セバスチャンにぴったりはまっていて、近づきたいけど簡単には近づけないような怖さと美しさがあるなぁという感想です。
また、山本美月さんのアクションも見ものです!ドラマでは、おっとりした役しか見ていなかったので、この映画で見せてくれるアクションの数々にビックリ・・・かわいい顔して、なかなかやります!

特に、惹きつけられたのが映像の美しさです。綺麗な映像であり、ちょっと現実離れした 黒執事の世界観にも夢中になってしまい、約120分あっという間で、邦画を見ている感じがしませんでした。
アクション映画と一言でいうのは、ちょっともったいないという感想を抱くような描写の美しさで、画面に吸い込まれる感じがしたほどです。

水嶋ヒロがあまり好きでないという人も、 黒執事を見終わった時には「 黒執事結構いいじゃん」ときっと思うような俳優魂だと思います。
漫画が原作となっていますが、映画はオリジナルストーリーとなっています。なので、原作を見た人にとっては、 黒執事が物足りないという感想というか・・・あまりにも 黒執事のストーリーが違いすぎて戸惑ってしまうかもしれません。
原作を見たことがない人は、見ないまま映画を見たほうが良いかもしれません。ちなみに私は、原作はあえて見ないで行きましたので、結構楽しんでいたほうだと思います。
一緒に行った友達は、終始「原作と違う。水嶋ヒロは 黒執事にはまってるんだけどなぁ・・・」とつぶやいていました。

最終的に、見て良かったと思います。水嶋ヒロ好きというのをなしにしても、結構キャストが豪華ですし、映像もお金がかかっている感じがものすごくするので、自宅の小さな画面じゃなくて、スクリーンで見たほうがいいと思ったのが率直な私の感想です。
映画を観終わってから、原作の漫画を見るのが一番だと、一緒に行った友達を見ていての感想でした。

評価

・総合点
75点/100点
・オススメ度
★★★☆☆
・ストーリー
★★☆☆☆
・キャスト
★★★★☆
・映像技術
★★★★★
・演出
★★★☆☆
・設定
★★☆☆☆

作品情報

タイトル 黒執事
公開日 2014年1月18日
上映時間 119分
区分 邦画
ジャンル アクション
監督 大谷健太郎、さとうけいいち
主演 水嶋ヒロ

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る