ローン・サバイバーの感想

ローン・サバイバーは、映画館で絶対観たほうがいいと思います。迫力のある銃撃戦のシーンや、大パノラマの空中撮影の映像が本当に素晴らしいなぁという感想を持ちました。実際にあった話ということで、ストーリーにもとても重みがあります。

ローン・サバイバーの画像

スポンサーリンク

感想

ローン・サバイバーという映画は、米海軍特殊部隊の「レッド・ウィング作戦」を映画化した作品です。つまり実在した話なのです!ローン・サバイバーの中心は、4人のシールズ隊員と一人の少年です。4人が一人の少年を捕虜して、その命をどうするかで話し合います。

もしこの少年を生かすことになればタリバン兵たちに自分たちの存在をばらしてしまうことになります。けど、少年の命をなくすことも出来ません。結局彼らは、生かすか殺すかで迷ったあげく・・・少年を生かすことを決めたのです。ですが予想通り4人は、その決断から200人ものタリバン兵に囲まれてしまうのです。

ローン・サバイバーという映画の感想として、本当に映像のスケールが大きいのです!隊員たちが囲まれてしまうシーンが特に圧巻だなぁという感想を持ちました。
4人のシールズ隊員達は、少年を生かそうという、人間としての理性が働いたばっかりに、こんな事態になってしまい可哀想だなぁという感想です。
ローン・サバイバーの映像の特に印象に残っているシーンは、大パノラマの岩の影にずらりと並んでいるタリバン兵の姿です。スクリーンを通してでも気持ち悪く、危機迫る感じがします。

ですが、空中撮影されている絶景や森林の映像はとても素晴らしく、釘付けになりました。こんなところに行ってみたいなぁという感想を持ちました。このローン・サバイバーという作品は、このような過酷な状況でも奇跡的に生還した唯一の隊員のマーカス・ラトレルが執筆したノンフィクションが原作となって、映画化されています。

ローン・サバイバーという映画は、さすが実際にあった話ということで、実にリアル感がありますし、観ていて引き込まれるような感覚を覚えます。もちろん映像にも、ストーリーにも、俳優たちの鬼気迫る演技にもです。

私は女友達と一緒に観に行ったのですが、彼女の感想は「日本の違うのは、苦衷撮影とか人が写っていない部分にとても気合いを幹事られるよね」という感想でした。
確かに、ストーリーはもちろんのこと、あの200人に囲まれた迫力のシーンと素晴らしい空中撮影の映像は、絶対に観るべきだと思います。

ローン・サバイバーは自宅でDVDを観るよりは、映画館の大スクリーンで迫力満点の映像を楽しむことを事をおすすめします!なので、私自身もう一度自宅でゆっくりローン・サバイバーを観たいというよりは、映画館の大スクリーンで観たいという感想を抱いていますよ~。是非、たくさんの方におすすめしたい映画です。

評価

・総合点
80点/100点
・オススメ度
★★★★☆
・ストーリー
★★★★☆
・キャスト
★★★☆☆
・映像技術
★★★☆☆
・演出
★★☆☆☆
・設定
★★☆☆☆

作品情報

タイトル ローン・サバイバー
公開日 2014年3月21日
上映時間 121分
区分 洋画
ジャンル アクション
監督 ピーター・バーグ
主演 マーク・ウォールバーグ

>>ローン・サバイバーのネタバレはこちら

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る