映画「ブルックリンの恋人たち」のあらすじ感想(ネタバレなし)

ブルックリンの恋人たちの紹介:「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイが主演・プロデュースを務めたラブストーリー。フラニーは、交通事故で昏睡状態に陥ったミュージシャン志望の弟ヘンリーが敬愛するミュージシャン・ジェイムズと出会う…。

ブルックリンの恋人たち 映画

ブルックリンの恋人たち あらすじ

映画「ブルックリンの恋人たち」のあらすじです。

アン・ハサウェイが主演・プロデューサーを務め、「プラダを着た悪魔」で監督アシスタントを務めたケイト・バーカー=フロイランド初監督の恋愛映画。

フラニーはモロッコに住んで遊牧民の文化を研究し、人類学博士号を目指しています。そんなある日、母親のカレンからミュージシャン志望の弟ヘンリーが交通事故で昏睡状態に陥ったとの連絡を受けます。

急いでニューヨークに戻った彼女は、何の反応もせず病院のベットに横たわるヘンリーの姿を目の当たりにします。ヘンリーの側には母親が付き添っています。

家族が再会したのは久しぶりのことでした。弟とは、弟が大学を辞めてミュージシャンになると言って喧嘩して以来でした。また未亡人である母とも疎遠となっていました。母子はヘンリーの看病を続けていくうちに距離を縮めていきます。

実家に戻ったフラニーは、ヘンリーがフラニーに聞いてほしいとメッセージを残していた曲が入ったCDを見つけ、人気ミュージシャンのジェイムズ・フォレスターのライブに行く予定であったことを知ります。

フラニーはヘンリーの代わりにジェイムズのライブを観に行き、ジェイムズに弟のCDを渡し、弟のことを話します。

フラニーがヘンリーの好きだった場所を訪ね、録音した音を弟に聞かせるという日々を送っていると、ジェイムズがヘンリーの病室に現れます…。

スポンサーリンク

ブルックリンの恋人たち ネタバレなし作品概要

映画「ブルックリンの恋人たち」の概要をネタバレなしで説明します。

本作の監督は、「プラダを着た悪魔」で助監督を務めた、ケイト・バーカー=フロイランドです。シカゴ大学卒業、コロンビア大学の修士号を持ち、ブルックリンに本拠を置く監督です。

彼女は、「プラダを着た悪魔」を監督したデヴィッド・フランケルの下で助監督として働きながら、脚本を書き、ショートフィルムの監督を務めるなどキャリアを積んできました。そしてついに本作で長編監督デビューとなります。また本作の脚本も担当しています。

主演は、「プリティプリンセス」シリーズ、「ブロークバック・マウンテン」、「プラダを着た悪魔」などに出演したアン・ハサウェイです。

アン・ハサウェイはブルックリン出身で、高校卒業後、ニューヨークの俳優養成学校で学びました。2001年、18歳のとき、「プリティプリンセス」で映画デビューし、大ブレイクしました。

本作の主演・製作を務めるようになった経緯は、アン・ハサウェイによると、製作に興味があった彼女が、「レイチェルの結婚」で仕事をしたジョナサン・デミ監督に相談すると、彼が本作の脚本を紹介してくれたと言います。

そうして脚本にほれ込んだ彼女は、音楽を書き下ろすことができるミュージシャン役を探すなどプロデュース業に関わっていったものと思われます。

スポンサーリンク

予告編動画

ブルックリンの恋人たち 感想

映画「ブルックリンの恋人たち」の感想です。

やはり注目は、主演であるフラニー役のアン・ハサウェイです。若いときは長く美しい髪のプリンセス的なイメージが強かった彼女ですが、結婚して髪もショートカットにし、また新たな魅力を放っています。本作では若いときとは一味違う大人のラブストーリーをみせてくれるものと期待されます。

またジェイムズ・フォレスター役のジョニー・フリンも注目されます。ジェイムズの音楽がフラニーとヘンリー、ジェイムズをつなぐわけですから、重要な役どころであり、彼の音楽が非常に重要な鍵となってきます。

ジョニー・フリンは1983年南アフリカ生まれのイギリス人俳優・歌手です。フォークロックバンドであるジョニー・フリン&ザ・サセックスウィットというバンドを組んでいます。

3歳のとき、母親のいとこ夫婦がアパルトヘイト支持者によって殺害されたために、南アフリカからイギリスに移り住むという壮絶な体験をしています。

大学時代には教会の合唱団で歌い、バイオリンとトランペットを学びました。ギターは独学だといいます。

劇中、どのような音楽を奏でるでしょうか。ブルックリンの背景にマッチし、切なく美しい音楽となっていると思います。

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る