映画『銀の匙』の感想

銀の匙は原作の漫画が好きだったので、映画化になってイメージが崩れるのが嫌だなぁと思っていました。けれど全然期待していなかった主人公を演じる中島君の演技が思った以上になじんでました。馬という生き物あっての撮影は色々と大変だったと思いますが、乗馬のシーンのリアリティはとてもよかったです。漫画も映画もおすすめします!

Sponsored Link

感想

映画『銀の匙』は、もともとは週刊少年サンデーで連載されていた荒川弘のコミックです。その後テレビアニメ化されましたが、この度映画化されることになりました。

まず、映画 銀の匙のあらすじをご紹介します。中島健人が演じる八軒勇吾は、希望していた高校の受験に失敗して、仕方なく北海道の大蝦夷農業高校に入学をします。
けれど、そこは農業の専門学校ということで同級生のほとんどが自分の夢や目標をきちんと抱いて入学してきている子たちばかりでした。

とりあえず高校に入れればいいやと、特に目標もなしに入った勇吾は学園生活に違和感を感じてしまうのです。けれど、北海道という大自然の素晴らしさと同級生たちの真摯に動物たちと向き合う姿が徐々に勇吾の心のわだかまりを溶かしていくのです。

私は、漫画のファンだったので映画 銀の匙の大体のストーリーは知っていたのですが、やはり映画化は本物の動物たちが出てきてくれるおかげですごく見ごたえもあるし、癒される映画になっていたなぁという感想を抱きました。

個人的な感想としては、映画 銀の匙の主人公を演じた中島君の乗馬テクニックが素晴らしいという感想を抱きました。なんと映画 銀の匙のクランクインの3か月も前から練習したとのことで、本当にお見事だったと思います。
また、北海道の大自然の動物たちがとてもかわいいなぁという感想もあります。特に一番出てくる馬ですが、あんなにじっくり、しかも大スクリーンで観たことがなかったので、結構かわいいなぁという感想を持ちました。

映画 銀の匙の魅力の一つに、キャストの豪華さがあると思います。
主人公の中島健人君は、ジャニーズで最近売れていますし、そのほかにも広瀬アリス、先日最優秀女優賞を受賞した黒木華、ベテラン女優陣の吹石一恵、西田尚美、また歌舞伎俳優の中村獅童など実にキャストが豪華だなぁという感想でした。

この映画 銀の匙は、教育にも良い影響をもたらす作品ではないかと思いました。酪農実習のシーンを通して命の大切さを学ぶことが出来ますし、目標を持って毎日頑張る若者の姿に「まだまだ日本も終わっていない!」と明るい未来を感じることができるなぁという感想を持ちました。

そして何と言っても、映画 銀の匙の主人公がさまざまな葛藤を抱えながら、農業に体当たりしていく姿が何とも素敵です!映画 銀の匙は若者にも観てほしい映画ですし、さまざまな年代の人に楽しんでいただける映画だと思います。

漫画が実写化されたものって、ちょっと残念だなぁという感想を抱くものが多いですが、映画 銀の匙はそんな感想ありません!予想通り素晴らしいという感想です。

評価

・総合点
75点/100点
・オススメ度
★★★☆☆
・ストーリー
★★★☆☆
・キャスト
★★★☆☆
・映像技術
★★★☆☆
・演出
★★☆☆☆
・設定
★★☆☆☆

作品情報

タイトル 銀の匙
公開日 2014年3月7日
上映時間 不明
区分 邦画
ジャンル ヒューマンドラマ
監督 吉田恵輔
主演 中島健人

>>映画 銀の匙のネタバレはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る