映画『魔女の宅急便』の感想

アニメの大ファンだったので、実写版はやはりちょっと観るのが怖かったのですが・・・やはり予感的中!アニメには勝てませんね~。けど、キャストは豪華だし、キキの母親役の宮沢りえさんの演技を観れただけでも良かったです。

映画 魔女の宅急便の画像

スポンサーリンク

感想

皆さんがご存知のジブリアニメ「魔女の宅急便」の実写版です。
主人公のキキは、魔女の母親と普通の人間の父親から生まれた女の子です。昔から魔女の間では、13歳になった時に、立派な魔女となるため知らない町で1年暮らすという掟がありました。

そこで、キキも黒猫のジジを連れて、住む場所を探しに行きます。二人が見つけたのは、海辺の小さな町。キキは最初、周囲の驚きの目に戸惑いますが、町の小さなパン屋さんのオソノさん夫婦に気に入られて、住み込みで働くことになります。

キキは、自分の魔女としての能力が聞か泣かくなっていることを自覚しつつありましたが、トンボという彼女を慕う少年や周囲の人々に支えられて立派な魔女に成長していくのです。これが、映画 魔女の宅急便のあらすじです。

私の映画 魔女の宅急便を観た感想は、やはりアニメでも実写版でもストーリーは素晴らしいなぁと思いました。キキが不安や困難を乗り越えつつ、多くの人々に支えられて成長していく姿はアニメでも実写版でもやっぱり感動するなぁという感想を持ちました。

最初は、実写版って大好きなアニメのイメージが壊れてしまうような気がして戸惑いましたが、映画 魔女の宅急便を観て、本当にキャスティングに気を遣われているなぁという感想でした。キキ役はあえて新人女優を採用した結果、変な先入観を持たずに観ることが出来ました。

また、私が映画 魔女の宅急便の中で最も合うなぁという感想を持ったキャスティングは、キキの母親役の宮沢りえさんです。すごく落ち着いたどっしりとしたお母さんだけど、やはり娘の事はすごく心配な様子のところがすごくぴったり当てはまっていました!

あとは、パン屋のオソノさんを演じた尾野真千子さん。感想として、映画 魔女の宅急便の中でも、名物キャラクターを見事に演じられていましたよ~特に豪快な笑い方なんてそっくり!実写版ってやはり、キャスティングの面で残念だなぁと思う部分が出てくるものですが、このお二人に関してはすく良かったです。

映画版は、アニメには勝てないものの、もう一つの魔女の宅急便として観れば、十分楽しんで観ることが出来ましたよ。私は、映画 魔女の宅急便を女友達と観に行ったのですが大正解!
ジブリの魔女の宅急便を観たことがない人と行くと、「実写版はここが違う!」とかの話が出来ないので、映画 魔女の宅急便を観るときは、是非ジブリ版を観たことがある人と、映画館に行くことをおすすめします!

評価

・総合点
70点/100点
・オススメ度
★★★☆☆
・ストーリー
★★★☆☆
・キャスト
★★★★☆
・映像技術
★★★☆☆
・演出
★★☆☆☆
・設定
★★★☆☆

作品情報

タイトル 魔女の宅急便
公開日 2014年3月1日
上映時間 108分
区分 邦画
ジャンル アニメ実写版
監督 清水崇
主演 小芝風花

>>映画『魔女の宅急便』のネタバレはこちら

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る