映画「サムライフ」のあらすじ感想ネタバレなし!森谷雄監督のデビュー作!原作は?

サムライフの紹介:森谷雄監督、三浦貴大主演、長野県上田市のNPO法人「侍学園スクオーラ・今人」の設立者・長岡秀貴の自伝をもとに、学校設立を目指して奮闘する元高校教師と仲間たちを描いたドラマ。

サムライフ 映画

サムライフ あらすじ

映画「サムライフ」のあらすじです。

森谷雄監督、三浦貴大主演、松岡茉優ほか出演、長野県上田市のNPO法人「侍学園スクオーラ・今人」の設立者・長岡秀貴の自伝をもとに、学校設立を目指して奮闘する元高校教師と仲間たちを描いた作品。

2002年、長野県上田市。27歳のナガオカは周囲の反対を乗り越えて、高校教師になりましたが、自分の夢をかなえるため、5年で教師を辞めます。彼の夢は、理想の学校を作ることでした。ナガオカは夢に向けて走りだします。しかし全財産は725円しかなく、無謀にも思える夢です。

ナガオカは、まず学校の設立資金のためにショットバーを開業します。ナガオカの噂を聞きつけ、元教え子の4人が集まってきます。働きながらも、自分を発揮できないケンジとユミ、大学受験に失敗したタカシ、そして、旅をしながら自分の居場所を探し続けるダイスケの4人でした。

ナガオカが作ったショットバーは社会をさまよっていた4人の若者の居場所となり、4人が居る場所はまた、ナガオカの居場所にもなっていきます。4人の若者たちにとって、ナガオカの夢はいつしか自分たちの夢となります。

更なる資金調達のため、ナガオカは様々な逆境を乗り越えてきた自分のことを本にし、自伝本を出版します。さらに周囲の人々を巻き込み、自分の夢の実現のために奔走していきます…。

スポンサーリンク

サムライフ ネタバレなし作品概要

映画「サムライフ」の概要をネタバレなしで説明します。

本作の監督は、プロデューサーとしての数々の作品を手掛けてきた、1966年生まれ、愛知県豊橋市出身の森谷雄です。

森谷監督は大学卒業後、テレビ制作会社に入社し、後にフジテレビに移り、1993年以降、プロデューサーとして、「沙粧妙子-最後の事件-」、「将太の寿司」、「彼女たちの結婚」など多くの作品を手掛けます。

その後、アットムービー・ジャパンを設立して、2003年より映画もプロデュースするようになります。主な作品として、「シムソンズ」、「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」、「コドモ警察」などがあります。

テレビドラマ、CM、ミュージッククリップの監督を務めてきましたが、本作が映画監督デビューとなります。

原作は、長岡秀貴が2007年に出版した「サムライフ」です。彼は1973年生まれ、長野県上田市出身です。高校時代は野球部に入り、甲子園を目指しますが、突然の左半身麻痺で入院、車いす生活を余儀なくされます。

懸命のリハビリで奇跡的に回復し、その経験が彼の人生観を大きく変えました。大学では教育学部に進学し、卒業後、母校の教壇に立ちます。

5年後には、夢の実現のために退職し、ショットバー経営や、悩みを抱える人たちのカウンセリングをしながら開校準備を進め、2004年「NPO法人侍学園スクオーラ・今人」を設立し、理事長に就任しています。

スポンサーリンク

予告編動画

サムライフ 感想

映画「サムライフ」の感想です。

本作は、青春ものや生きる勇気、ポジティブな気持ちになれる映画が好きな人、日本の教育問題に関心がある人にとって、非常に楽しめる作品であると思います。

やはり注目は、ナガオカ役を演じる主演・三浦貴大です。三浦友和の息子で、2010年に「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」でデビューし、若手ながら映画出演数は多数、主演も務め、順調にキャリアを重ねています。

そのみずみずしさは惹きつけられるものがあります。

またナガオカの元教え子ユミ役の松岡茉優も注目です。「桐島、部活やめるってよ」、「連続テレビ小説 あまちゃん」で注目を集めた彼女は、演技力が高く、今、最もノリにノッている若手女優の一人でしょう。

子役からのキャリアがある彼女は、年齢の割にしっかりしていて、バラエティのMC、対談番組のホストを務めるなど多方面で活躍する稀有な人材と言えるでしょう。今後の活躍がますます楽しみです。

主題歌もとてもよいです。主題歌は2010年に結成し、北海道札幌市を拠点に活動するロックバンド・爆弾ジョニーが本作のために書き下ろしており、森谷監督が「仲間感」を感じるという爆弾ジョニーの音楽は作品を盛り上げるのに一役買っています。

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る