X-MEN フューチャー&パスト 感想

「X-MEN」シリーズの第6作目であるX-MEN フューチャー&パスト!すごく豪華なキャスト陣を一度に観れるだけでも最高なのに、すばらしい映像技術も観れるなんて嬉しかったです。絶対観るべきです!

X-MEN フューチャー&パストの画像

スポンサーリンク

感想

映画『X-MEN フューチャー&パスト』は、全世界中で空前の大ヒットシリーズ「X-MEN」の第6作目です。今回は映画 X-MEN フューチャー&パストの作品の魅力についてたっぷりご紹介していこうと思います。

まず今回の作品は、映画 X-MEN フューチャー&パストという映画タイトル通りに未来と過去の二つの次元でのお話になります。そう映画の舞台は、1973年と2023年なのです。もうこれを聞いただけで、楽しみで仕方ないという感想を持ちました。また今回は、史上最強の敵が相手なのです。

「センチネンタル」というターミネーターロボで、自由自在に姿をかけて、襲いかかっていくのです。感想として、この敵は本当に手ごわそうです・・・。地球滅亡へのカウントダウンと呼ばれるくらいですから、すごい強いんでしょうね~。

映画 X-MEN フューチャー&パストは、第1作目の続編として制作されていますが、個人的な感想ですが、本当にいろんな面でぶっ飛んでいるんです!これは是非、映画を観る前に知っておいていただきたいです。X-MEN フューチャー&パストという映画の他とはスケールが違う素晴らしいなぁという感想を抱いた点は大きく分けて3つあります。

一つ目は、製作費です。制作会社は過去にこちらも大ヒット映画の「アバタ―」を制作していますが、その製作費をはるかに上回る製作費を映画 X-MEN フューチャー&パストに費やしています。その金額は、日本映画では決して真似できることの出来ない金額だなぁという感想です。二つ目の魅力は、「X-MEN」シリーズの観客動員数・世界興行収入です。なんと、「X-MEN」シリーズの全世界累興行収入は、2300億円にも上ります。

とてもとても想像できない金額だなぁという感想です。三つ目の魅力は、キャスティングの豪華さです。監督は、初代「X-MEN」の監督であるブライアン・シンガーなので、第1作目をどこか彷彿させる雰囲気があるのでファンにはたまらないだろうなぁという感想を持ちました。X-MEN フューチャー&パストという映画に出演しているキャストは、アカデミーやゴールデングローブ賞を受賞した人ばかりです。

私の個人的な感想ですが、あまりにキャストが豪華すぎるので、映画のチケット代が安いなぁという感想を抱くほどでした。どこの口コミ感想サイトをチェックしても映画 X-MEN フューチャー&パストのキャスティングの豪華さは大注目されています。 映画 X-MEN フューチャー&パストの主な注目キャストは、ヒュー・ジャックマン 、ジェームズ・マカボイ 、マイケル・ファスベンダー 、ジェニファー・ローレンス 、ハル・ベリーなどの大スターばかりです!

映画 X-MEN フューチャー&パストは、本当に全世界の人々に大きな期待を寄せられています。その理由として、ハリウッドのレポーターが選ぶ2013年に最も話題になった映画予告に選ばれているからです。ですから、 映画 X-MEN フューチャー&パストは是非皆さんには見て頂きたい作品という感想です。最後に全体的な感想をまとめますと・・・キャスト・製作費ともに本当にビックスケールです!

スポンサーリンク

評価

・総合点
75点/100点
・オススメ度
★★★☆☆
・ストーリー
★★★★☆
・キャスト
★★★☆☆
・映像技術
★★☆☆☆
・演出
★★★★☆
・設定
★★☆☆☆

作品情報

タイトル X-MEN フューチャー&パスト
公開日 2014年5月30日
上映時間 不明
区分 洋画
ジャンル アクション
監督 ブライアン・シンガー
主演 ヒュー・ジャックマン

参考記事

>>X-MEN フューチャー&パストのネタバレはこちら

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る