ラッシュ プライドと友情の感想

ラッシュ プライドと友情を観終わった第一声が「面白すぎる!」でした。実際にあった話を映画化しているので、とてもリアリティがありますし、こんなことがあったのねぁというような気持ちで観るとおても感動するシーンがいくつもあります。

ラッシュ プライドの画像

感想

ラッシュ プライドと友情は、F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げた実際にあった話を映画化した作品です。ダニエル・ブリュール演じるラウダは事故で大けがを負いながらもシーズン中になんとか復帰しました。そんなラウダと、性格もドライビングスタイルも正反対なクリス・ヘムズワース演じるハントのタイトル争いとライバル関係を描いた映画です。

監督は、「ビューティフル・マインド」などの有名作品を手掛けた名匠ロン・ハワードです。そんなラッシュ プライドと友情の見どころは、臨場感あふれるレースシーンです!これは、レーサー好き・車好きにはたまらない作品となっています。

私が、ラッシュ プライドと友情を観ての素直な感想は「何だかすかっとしたなぁ」と思いました。何だかスピード感のある映像を大スクリーンで観ていると、まるでその場にいるような感覚でとても楽しめました。
私は、F1好きではなかったのですが、ラッシュ プライドと友情を観て、たちまちその面白さの虜になってしまいましたよ~。女性の方って、観る前からこういうタイプの映画は避けてしまいがちですよね~。

興味がないとか、戦いものは観たくないとか思う方もいるかもしれません。でも、ラッシュ プライドと友情は観る価値ありですし、きっとレースが好きになってしまうこと間違いありません。
ニキ・ラウダとジェームス・ハントの命を懸けた戦いと深い友情に胸が熱くなるし、レース映像は圧巻です。
ハント役のクリス・ヘムズワースとラウダ役のダニエル・ブリュールがどちらもすごくかっこ良くて、本物になりきっているなぁという感想を持ちました。ラッシュ プライドと友情の最後には、実際の二人の映像もでてくるので、本当に実在したお二人なのだなぁとすごく感動します。

ラッシュ プライドと友情を観ていて、F1という世界は常に死と隣り合わせの世界なんだなぁと改めて思いました。でもそんな状況だからこそ、ものすごいドラマが生まれるのかもしれないという感想です。
恋人と一緒に観に行ったのですが、やはり男性はこのような映画がお気に召すようで、車やレーサーを観ては「かっこいい!すげー!」を連発していましたよ。だから、男性はもちろん楽しめる作品だと思いますし、一緒に行った女性も新しい魅力のとりこになると思います。

私は、試写会でラッシュ プライドと友情を観たのですが、コマーシャルや劇場予告でラッシュ プライドと友情の宣伝が出てくるたびに、もう一度観たいなぁという思いがどんどん強くなっていきます。これは、是非とも多くの人に見て頂きたい名作だと思いました。
全体的な感想としては、実にすばらしい作品です!

評価

・総合点
80点/100点
・オススメ度
★★★★☆
・ストーリー
★★★★☆
・キャスト
★★★☆☆
・映像技術
★★★☆☆
・演出
★★☆☆☆
・設定
★★☆☆☆

作品情報

タイトル ラッシュ プライドと友情
公開日 2014年2月7日
上映時間 124分
区分 洋画
ジャンル ドラマティックヒストリー
監督 ロン・ハワード
主演 クリス・ヘムズワース

>>ラッシュ プライドと友情のネタバレはこちら

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る