「ビッグ・アイズ」あらすじと感想(ネタバレなし)

ビッグ・アイズの紹介:60年代のアート界に衝撃を与えた実在の事件をテーマにしたティム・バートン監督による人間ドラマ。大ブームとなった絵画「ビッグ・アイズ」をめぐって、画家の夫妻に争いが起こります。

ビッグ・アイズ 映画

ビッグ・アイズ あらすじ

映画「ビッグ・アイズ」のあらすじです。

1960年代アメリカ。ポップアート界ではどこか悲しげで大きな瞳の子どもを描いた絵画「ビッグ・アイズ」シリーズが人気を博し、世界中で大ブームになっていました。

作者のウォルター・キーンは時代の寵児として一躍脚光を浴びましたが、しかし絵の本当の作者はウォルターの妻マーガレットでした。ウォルターは「女の絵は売れない」「僕たちはひとつ」と言って、自分が描いたことにして売り出すと、絵はポスターや葉書になるまで飛ぶように売れ、ふたりはリッチな生活を手に入れたのでした。

内気で口下手なマーガレットでしたが、次第に娘に嘘をつきたくない、自分の名前で絵を売りたいという感情が強くなっていきます。真実を公表すれば、今のリッチな生活を手放すことにつながりかねません。しかしマーガレットはそうなっても構わないと考えるようになりました。

「ビッグ・アイズ」をめぐって、ウォルターとマーガレットの争いが激化していきます。ふたりはついに離婚することになり、法廷に争いが持ち込まれます。

ウォルターは絵が自分のものであると主張して裁判は泥沼化していきます。果して、どちらの言い分が正しいと認められるのでしょうか…。

スポンサーリンク

ビッグ・アイズ ネタバレなし作品概要

映画「ビッグ・アイズ」の概要をネタバレなしで説明します。

本作の監督は「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」等を手掛けたティム・バートンで、ファンタジー作品を得意としている監督です。ティム・バートン自身も「ビック・アイズ」のコレクターらしいです。本作はどのような仕上がりになっているのでしょうか。ティム・バートンらしい独特な仕上がりになっているのでしょうか。

ウォルター・キーンを演じるのは「イングロリアス・バスターズ 」「おとなのけんか」、「ジャンゴ 繋がれざる者」などに出演したクリストフ・ヴァルツで、「ジャンゴ」ではアカデミー賞助演男優賞を受賞しました。

一方、マーガレット・キーンを演じるのは、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「魔法にかけられて」「マン・オブ・スティール」などに出演したエイミー・アダムスです。彼女はアカデミー賞助演女優賞に3回(「ジューンバック」「ダウト~あるカトリック学校で~」「ザ・ファイター」)、アカデミー賞主演女優賞に1回(「アメリカン・ハッスル」)ノミネートされるほどの実力派です。

二人ともティム・バートンと仕事をするのは初めてですが、ティムバートンが二人の実力派俳優をどのようにディレクションしたのか、非常に楽しみなところです。

劇中、キーン夫妻は「ビック・アイズ」をめぐって、法廷でペイント・バトルをするとのことです。果して裁判はどのような結末になるのでしょうか。

スポンサーリンク

予告編動画

ビッグ・アイズ 感想

映画「ビッグ・アイズ」の感想です。

物語での最初のポイントは、ウォルターとマーガレットが出会って結婚し、ウォルターの嘘はあるものの、画家として成功していく、成りあがっていくところにあります。

バツイチで子持ちのマーガレットはどのような人物、どのような画家だったのでしょうか。そしてマーガレットはウォルターとどのように結婚まで至ったのでしょうか。キーン夫妻の人物背景がいかに描かれるかが注目されます。

脇を固める俳優も注目ポイントの一つです。特に本作にはイギリスを代表する名優テレンス・スタンプが出演しています。テレンス・スタンプは「コレクター」、「スーパーマン」シリーズ、「イギリスから来た男」などに出演しています。

渋くて重厚な雰囲気をまとっている俳優で、スクリーンに登場すると、グッと引き込まれます。今回はどんな役柄で登場するのでしょうか。

本作は実話を基にした伝記ものに当たり、ティムバートン作品としては「エド・ウッド」以来となります。脚本もスコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキーと「エド・ウッド」と同じふたりが担当しています。「エド・ウッド」は非常に高い評価を受け、人気がある作品です。今作は果してどうなるでしょうか。

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る