映画「風に立つライオン」のあらすじネタバレ感想!結末ラストは?原作はさだまさし?

風に立つライオンの紹介:アフリカ・ケニアで国際医療活動に従事した実在の医師を描いた、さだまさしの原作を三池崇史監督、大沢たかお主演で映画化。1987年、医師である航一郎は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される…。

スポンサーリンク

風に立つライオン あらすじ

風に立つライオン 映画

映画「風に立つライオン」のあらすじです。

三池崇史監督、大沢たかお主演で、アフリカ・ケニアで国際医療活動に従事した実在の医師を描いた、さだまさしの原作を映画化。

1987年、医師である航一郎は、大学病院からケニアの研究施設に派遣されます。航一郎にとってアフリカでの仕事は、アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーに感銘を受け医師となったこともあって、願ってもないチャンスでした。

航一郎は、父の後を継いで離島医療に従事していた恋人・貴子を残し、ケニアに赴きます。

ケニアの地で航一郎は理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送ります。半年後、現地の赤十字病院から1カ月の派遣要請を受け、それに応じます。そこで航一郎が目にしたのは、重傷を負って次々と運ばれてくる少年兵でした。彼らは皆、麻薬を打たれ、戦場に立たされていました。

航一郎はその事実に愕然としながらも、病院への転籍を志願します。過酷な状況下においても航一郎は生き生きと働き、医療団の厚い信頼を得ていました。病院には、看護師として和歌子が派遣されてきて、航一郎とぶつかり合いながらも互いに認め合っていきます。

そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれます。彼は深刻な心の傷を抱えていました…。

スポンサーリンク

風に立つライオン 作品概要

映画「風に立つライオン」の概要をネタバレなしで説明します。

本作の監督は、「DEAD OR ALIVE」シリーズ、「オーディション」、「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」などを手掛けた三池崇史です。

Vシネマの監督からキャリアをスタートさせ、コメディからバイオレンスまで何でも手掛ける多作の作家です。

特に暴力描写は定評があり、海外の監督にも影響を与えるなど、今や、日本を代表する監督の一人となっています。

1996年「極道戦国志 不動」でポルト国際映画祭審査員特別賞、2000年「オーディション」でロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞を受賞しています。

本作は、さだまさしが1987年に発表したシングル曲「風に立つライオン」がもとになっています。さだまさしは、フォークデュオ「グレープ」でデビューし、ソロとなってからも「関白宣言」「北の国から~遥かなる大地より~」など多くのヒット曲を生み出しています。

「風に立つライオン」は、さだのアマチュア時代からの知り合いである、医師柴田紘一郎(元長崎大学熱帯医学研究所)のエピソードにさだまさしがインスパイアされて作った曲です。

本作の主演を務めた大沢たかおが、この楽曲の小説化をさだに依頼し、2013年に幻冬舎から小説が出版されました。東日本大震災など楽曲制作時とは違う状況を織り込み、登場人物の名前なども架空の人物となっています。

風に立つライオン ネタバレ結末ラスト

映画「風に立つライオン」の結末ラストの予想です。※ネタバレ含む

航一郎は、患者である少年兵のために行動する中で内戦に巻き込まれてしまうのではないでしょうか。

航一郎は生き延びるために銃を手に取って戦おうとしますが、かえって重傷を負ってしまいます。瀕死の状態で救助される航一郎。しかし医師である航一郎以外、誰も助けることはできません。

和歌子も何とか手を尽くそうとしますが、何もできず途方に暮れ、ついに航一郎は命を落としてしまいます。

彼の死は遠く日本に遺してきた恋人・貴子に伝わります。悲しみに打ちひしがれる貴子のもとに航一郎が生前出した手紙が遅れて届きます。

航一郎のナレーションをバックに、貴子は手紙を読み、泣き崩れてしまいます。

こんな感傷的な展開はいかがでしょうか。

予告編動画

風に立つライオン 感想

映画「風に立つライオン」の感想です。

本作は、緊急医療もの、アフリカものの、海外で活躍する日本人を描いた作品が好きな方にとっては注目の一本です。

バイオレンス色の強いアクション作品が有名な三池監督ですが、本作をどのようにディレクションしたのでしょうか。また新しい三池監督の魅力が花開いた作品かもしれません。

主演の大沢たかおのヒット作として、現代から幕末にタイムスリップした医師を演じたテレビドラマ「JIN-仁-」がありますが、医師役がとても似合う俳優です。その誠実な雰囲気が合うのでしょう。

「JIN-仁-」では大沢たかおを演じる主人公を支える看護師役として、綾瀬はるかが出演していましたが、本作では綾瀬に代わって同じホリプロ所属の石原さとみがその役を務めているのも興味深いところです。

主人公と衝突しながら信頼を深めていくストーリーなので、大沢たかおと石原さとみがどのような掛け合いをしているか、非常に注目されます。

本作の原点となっている、さだまさしの主題歌も注目です。さだの主題歌のセルフカバーにあたり、オリジナルと同じく盟友・渡辺俊幸がアレンジを担当しています。49人編成のフルオーケストラとともにレコーディングが行われ、オリジナルを超える9分37秒の大作となっています。聞きごたえ十分に出来上がっていると思われます。

外部視聴サイト

Huluで視聴

他の最新映画はこちら

>>最新映画のリスト

スポンサーリンク

関連記事

映画やアニメが見放題!

video-on-demand

おすすめのビデオオンデマンド紹介

ページ上部へ戻る